短距離・長距離と色んなタイプがあるトラックドライバー

がっつり稼げる長距離ドライバー

長距離トラックドライバーは、がっつり稼げる仕事です。月給四十万円はざらではなく、とにかく稼ぎたい人向けです。 ただ、長距離トラックドライバーの場合は、大型トラックを運転する場合が多く、必然的に大型自動車免許が必須となります。そして、長距離運行ですので、一日で自宅に帰れることは多くなく、二日に一回しか帰宅できない場合が多いです。そして、時間に追われている典型的な仕事でありクライアントの指定時間厳守ですのでこれが一番つらい点です。時間に合わせるために途中で仮眠しつつ毎日トラックのハンドルを握って運転しないといけません。 このような過酷な労働環境ですが、日本の物流を支えていると実感がわきますのでやりがいを感じます。

オートマ限定でも大丈夫

オートマ限定でもトラックドライバーになれる可能性はあります。 小型トラック且つオートマ車であれば、オートマ限定免許でも誰でも運転することが出来ます。そのため、最近ではドライバー不足を解決するために小型トラックを導入するときはオートマ車にしているところもあります。これであれば、人材を集めやすいので人手不足に困ることはありません。 オートマ限定不可と求人票に記載されている以外の運送会社であれば、オートマ限定免許でも応募することはできます。 小型トラックであれば大型トラックと違い運転しやすいですので、運転に慣れてしまえば仕事は楽に感じます。ただし、大型トラックドライバーより給料は安いですので、稼ぎたいのであれば小型トラックに慣れて大型免許取得を目指しましょう。