トラックドライバーに必要な資格とは!?

これは絶対!必ず取るべき資格

トラックのドライバーとして働くために必要となる資格は何なのでしょうか。これだけは取っておかなければならないという資格があります。それは普通自動車第一種免許です。18歳以上の方が教習所で取得することができ、現在の免許では車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満の車両を運転できます。2007年6月2日から2017年3月11日の間に取得した方は車両総重量5t未満、最大積載量3t未満であり、2007年6月1日以前に取得済みの場合は車両総重量8t未満、最大積載量5t未満となります。またトラックには中型や大型があり、運転するために必要な免許も違ってきます。現在は車両総重量が5t以上11t未満であれば中型自動車免許、11t以上であれば大型自動車免許が必要です。これら全て法改正に伴い上限の変化があるため、取得時期で運転できる車両が異なるので注意しましょう。

他と差をつけよう!有利になる資格

トラックドライバーとして働こうと思うなら運転できるだけではいけません。荷積みや荷下ろしを行うことも多々あります。そこで有効となるのが玉掛けの資格です。玉掛けとはワイヤーロープなどで荷物を吊るす作業をいいます。クレーンの操作を行う場合は別にクレーンの運転資格が必要となります。重いものを吊るしている場合、万が一ミスをしてしまうと大事故になるかもしれません。そのため、安全に対する知識やクレーンの操作方法を知っている証として取得しておくといいでしょう。またフォークリフトの資格も有効となります。フォークリフトを使ってパレットに載った荷物の積み下ろし作業をドライバー自身が行う場合に役立ちます。他にも燃料系の輸送を行う場合は危険物取扱者の資格、自走しない750kgを超える台車等をけん引する場合はけん引免許が必要となります。仕事の幅を広げて活躍するために必要となる資格の取得を目指しましょう。