どんな資格が必要?バスドライバーになるには

どんなバスを運転するかで資格も違う

バスドライバーになるためには大型自動車免許が必要になりますが、路線バスや観光バスを運転するのかや、あるいは企業の送迎バスのドライバーになるのかなどにより取得すべき資格も異なります。例えば路線バスや観光バスでお客さんからお金をもらってバスを運転する場合には大型自動車の二種免許が必要ですが、企業の従業員を送迎したりお金を貰わずに運転するシャトルバスなどのバスドライバーでは大型一種免許でも問題がない場合がほとんどです。運賃をとって運転するのか、あるいは企業から雇われて決められた経路を運転するのかなどで資格が変わってくるのです。もちろん大型二種が有れば送迎の運転手も路線バスや観光バスの運転手にもなれます。

必要な資格は会社側が出してくれる場合が多い

大型免許を取得するためには、普通自動車免許を取得してから3年経過している必要がありますが、条件にあっている人材ならばバス会社側が大型免許の取得費用を負担してくれることがあります。このため資格を持っていなくてバスドライバーになりたいという方の場合でも、社員育成をきちんとしている企業に応募することで夢を叶えることができるのです。大型免許の取得は簡単ではありませんが、しっかりと学ぶ熱意を持っていれば難しいものではありません。一種免許よりも二種免許のほうが難易度は高い傾向にありますが、教習所で教えられる内容を覚えていれば比較的短期間で取得することは可能です。バスドライバーになるためには大型の免許が必須となります。